病室

医院開業は前準備を大切にしタイミング良く行おう

いつかは自分の医院を開業したいと思っている医師は、手始めとしてそのための資金を貯めていることが多いです。しかし資金の用意ができ実際に開業したものの、上手くいかなかったというケースもあります。失敗した要因としては、資金の用意以外の前準備が足りていなかったことが考えられます。医院開業には資金だけでなく、タイミングを見計らった前準備が必要なのです。
医院開業を成功させるためには、クリニックの土地選び、一緒に働くスタッフの応募採用、その他経営に関する知識の習得が大事になります。土地やスタッフは資金が集まった時点でタイミング良く見つかるものでもなく、経営の勉強も場所探しやスタッフの応募採用と同時に行えるほど容易ではありません。元々そういった勉強をされてきた方ならまだしも、開業準備で忙しい中に行えば様々なことが疎かになる恐れもあります。
つまりベストな状態で医院開業をするためには、長いスパンで準備をしましょう。早い時期からいつ頃までに開業したいなどとおおよその目標を決め、それに向かって着々と準備を進めていくといいです。そうすれば良好な場所が見つかったとき、或いは資金源を得られたときなど好都合なタイミングに合わせて開業できるようになります。

医院開業を成功させるための条件とは?

勤務医を辞め、医院開業をさせることは大きな決断の一つです。勤務医と開業医、どちらにもメリット、デメリットがあります。医院開業の最大のメリットは、自由な時間を手にいれることができることです。基本外来だけですから夜勤もなく、規則正しい生活を送れることができます。また、医院のオーナーでもありますから、経営者としての地位も獲得することができます。
ただ、この経営者になることは、医院の経営をうまくコントロールしなくてはならない責任を負うことになります。この点を危惧して、医院開業を決断できない医師もいるようです。医院を開業することは、立地選びから、資金繰りまですべてにおいて院長が責任を負うことになります。ここで失敗をしたら、医院の経営が揺らいでしまいます。
この大きな課題を克服するためには、医院開業を専門とするコンサルタントに相談することがもっとも効果的です。医師は所詮、経営の素人です。医院開業をしている友人医師のアドバイスも、視野が狭くなるものです。あくまでその医師の主観的な見方であり、国内の開業医が置かれた全体像を把握しているものではありません。
開業医全体が置かれた状況を分析して、地域ごとの特徴を知る必要です。つまりこの条件を満たしているのは、コンサルタント法人だけということになります。医院開業するにあたり、専門コンサルタントをうまく利用して成功に導きたいものです。

医院開業のカギは勤務医時代にあり

医師を志す人なら、「自分の描く理想を実現したい」という思いは多かれ少なかれあるでしょう。
しかし勤務医は雇われている身分、他の医師や看護師は自分の考えだけではコントロールできません。
つまり、理想を実現するのに必要なのは決定権と裁量権を持つこと、すなわち自分の医院開業をすることです。
とはいえ、医師デビューと同時に開業医になる人はほとんどいません。
勤務医と開業医どちらも医師ですが、開業医は経営者、一般の会社でいうなら社長としての役割もあるからです。
医師と経営者、どちらも大変な仕事ですが、それでも医院開業したいなら、勤務医の間に学ぶしかありません。
まず医師としての実力を磨きましょう。
開業医に経営者としての能力が必要とはいえ、医師としての地保がなってないと意味がありません。
そのため、ある程度の期間を医療技術習得に当てるためです。
その次に、病院経営ノウハウの学びになりましょう。
勤務医が直接経営に携わることはできませんが、現場レベルから敢えて経営者視点で考えるのです。
これはあなたが医院を持った時、現場と経営者の解離を小さくする役に立ちます。
医院開業の目的を達成するためには、しっかりと目標を設定し、自身で進捗管理が必須です。
学ぶことは山ほどありますが、一歩一歩進んでいきましょう。


リスクを抑えた開業!医院開業をお考えの方は「オクスアイ」がおすすめです。無理のない資金計画と負担の少ない開業準備で早期に黒字化を達成することができます。

NEWS

TOP