病室

医院を開業する前に知って置きたい事

施術をする医者

医師免許をとって研修医としても働き、それからしばらく病院勤務医師として社会貢献してきた先生と呼ばれる人でも悩み事はあります。
それは、もっと地域の人に近い医療をしたいと思った時に、どうしても通る道といってもいいかもしれません。
つまり自分の医院を開業して地域密着で医療をとおして地域の人たちを元気にしたいという事、つまり独立のようなものです。
しかし、一般の会社の独立して事務所を構えるのとは、まったく違います。
医院を開業して経営していくという事は、医師であり経営者にもなるという事です。
医師としては、キャリアを積んできてプロであっても経営者としては何をすれば良いか悩みます。
ですので、医院を開業させるまでと、その後の経営の方を指導してもらえる相談相手を作る必要があります。
医療系のコンサルタントを依頼すると、最初の医療法人の立ち上げから病院の建築場所、患者数がどのくらい見込めるかのマーケティングまで、自分一人では難しい事を手伝ってくれます。医療の経営のプロの力を借りて、地域に根差した医療活動をどんどんと行っていきましょう。
一人で何でもしなくても、手伝ってくれる人を巻き込めばスムーズに病院の経営が成り立っていくでしょう。

NEWS

TOP